野村監督とは?

野村監督は、コピーライターの野村武史が代表をつとめる“ひとり広告制作会社”です。

正々堂々スポーツマンシップにのっとり広告業界を駆け抜けること十数年。印刷会社で身につけたPCスキルと、WEB制作会社で得たWEBの知識、そして“恋する広告カンパニー『ティーズ』”で叩き込まれたクリエイティブ能力を武器に、2017年6月コピーライターとして独立。下関市立養治小学校→下関市立日新中学校→下関商業高等学校と野球に明け暮れた輝かしい青春時代のガッツで挑むべく、野球のユニフォームを身にまとい広告づくりの新たな一歩を踏み出した。

経 歴

野球に明け暮れ、ラグビーに打ち込み、泥にまみれて這い上がってきたからこそ、書けるコピーがきっとある。に違いない…。

1997.3 下関商業高等学校 卒業(野球部 所属)
2001.3 岡山商科大学商学部 卒業(ラグビー部 所属)→コピーライターになるために本拠地を大阪へ。
2001.9 宣伝会議コピーライター養成講座 修了→広告業界への就職を目標に、Macの基礎トレーニングを開始。
2002.12 リマークパソコンスクール DTPコース修了
2003.3 サン美術印刷/業務本部・編集 所属→Macのスキルが買われ、アマチュアからDTPオペレーターへ。
2005.8 WEB制作会社 アルファベータ コピーライター採用→ようやくコピーライターになるも1年で会社が倒産→他社へのトライアウトを決行。
2006.12 恋する広告カンパニー“ティーズ”のコピーライターへ。→ドラフト圏外で入社→広告制作のすべてをここで学ぶ。
2017. 6 野村監督としてデビュー

お問い合わせ

広告、宣伝、販促のことなど、何でもお気軽にご相談ください。

積み重ねてきた経験と、イラストレーター、フォトショップ、エクセル、パワーポイントなどのPCスキルを駆使し、お客様とともに広告づくりに全力プレーいたします。